あの日から10年の間、今はお空のどこかにいる家族へ、子どもたちの作文や詩を朗読で紹介します。 「握り拳ひとつ分の命」 朗読:紺野美沙子