朗読座とは

俳優・紺野美沙子の朗読と様々なジャンルのアートを組み合わせた新しい舞台芸術です。

2010年秋より地域文化の向上、舞台芸術の発展を目的に紺野美沙子が旗揚げ。
音楽や影絵や映像など、様々なジャンルのアートと朗読を組み合わせたパフォーマンスや、ドラマリーディングを全国で上演しています。 朗読座 公演の様子

公演内容

朗読に音楽と映像を組み合わせた大人も子供も楽しめる作品から、ゆったりとした大人の時間を演出するステージ、発声や群読を体験する朗読ワークショップなど、客層や会場・ご予算に合わせた様々な演目をご用意しております。
また、朗読座は単に公演を提供するのではなく、地域と一体となった公演作りを目指しています。郷土の伝統芸能や音楽家との共演、文学作品や民話の朗読などオリジナルな内容をご提案いたします。

詳細は「朗読座企画書」をご覧ください。

朗読座企画書

朗読座主宰 紺野美沙子より

2010年に旗揚げした「朗読座」は日本語の美しさと言葉の持つ力を伝えること、そして皆さまに心穏やかなひとときをお届けしたいという想いから始めました。

誰もがどこでも手軽に動画や音楽を楽しめる時代だからこそ、同じ空間で皆さまと時間を共有できることは何よりの喜びです。

心潤うパフォーマンス「朗読座」をよろしくお願いいたします。

紺野美沙子のサイン

お問い合わせ

グリーンオフィス(斉藤)

ご連絡はメールにて 090-3235-7400
  • 国連開発計画(UNDP)親善大使の活動
  • 文藝春秋 対談連載:東北の医療はいま
朗読座のフェースブックページ
紺野美沙子Facebook